こころの健康を通して、だれもが安心して暮らせる社会をつくります。

ちょっとひと息 イメージ1

地元の事業所や企業の出店などいろいろなブースでにぎわう学会カフェ、年々パワーアップするアール・ブリュット展や映画上映会といった日精看ならではの企画が今回も盛りだくさん。お楽しみに。

映画上映会

ドキュメンタリー映画『あい~精神障害と向きあって』

この作品は、日々の生活に生きにくさを感じている精神障がい者のありのままの日常を通して、彼らの苦しみや長いトンネルを抜けた先にある「希望」を見出していく姿を知ってもらうことで、彼らが安心して暮らせる社会の実現と、精神障害に対する人々の理解を深めることを願って製作されました。

 

『人生フルーツ』

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸にならって建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る 70 種の野菜と 50 種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。津端修一さん 90 歳、英子さん 87 歳。風と雑木林と建築家夫婦の物語です。

 

 

↑TOPへ