こころの健康を通して、だれもが安心して暮らせる社会をつくります。

第30回 日本精神科看護専門学術集会 in 埼玉

開催概要

第30回 日本精神科看護専門学術集会 in 埼玉

 

2023年11月22日(水)~11月23日(木・祝)

ソニックシティ(埼玉県さいたま市)

~申込期間~

【事前申込(会場参加)】

●事前申込期間:9月1日(金)~10月23日(月)

 ◆会員価格:13,200円(税込)

 ◆非会員価格:26,400円(税込)

※事前申込後、入金がお済みでない皆様

開催概要においてもご案内しております通り、事前申込後、お支払い期限までに入金されなかった場合、事前申込は無効となります。

この場合は、当日申込の扱いとなり、当日申込の価格(会員15,400円、非会員30,800円)が適用されます。

 

【当日申込】

事前申込しなかった(間に合わなかった)方、あるいは事前申込したけれども入金が間に合わなかった方は、当日申込となります。

当日申込も「manaable(マナブル)」にて受付を行います。専門学術集会当日より前にmanaable(マナブル)の手続きおよび参加費のお支払いを済ませていただくと、ゆとりを持ってご参加いただけます。

●当日申込用manaable(マナブル)手続き期間:10月24日(火)~11月23日(木祝)

 ◆会員価格:15,400円(税込)

 ◆非会員価格:30,800円(税込)

  
【オンデマンド専用申込】

●申込日:9月1日(金)~2024年1月15日(月)

 ◆会員価格:13,200円(税込)

 ◆非会員価格:26,400円(税込)

 会員価格で申込む場合は、2023年度の会員証が届いた後に「manaable(マナブル)」に登録して、お申込ください。

 今回は、第1会場の演題のみの配信となります。研究発表等の視聴はありませんので、ご注意ください。

 

 

<オンデマンド配信>

●配信期間:12月1日(金)~1月31日(水)

※下記演題の配信を予定しております。

 学術講演 パネルディスカッション

 特別企画 支部企画 訪問看護関連企画

※参加申込・支払いされたすべての方が視聴できます。

  

▼申込の流れ

①会員申込

②会員証が届く ※入金日(土日祝日除く)より2週間後

③「manaable(マナブル)」に登録・申込

④支払手続期日内に支払方法を選択して、支払期限までにお支払い

⑤支払ステータスが「支払済」を確認できたら申込完了

 

 

~参加費の支払い・領収書発行に関して~

受付は全て「manaable(マナブル)」にて行います。

※「manaable(マナブル)」では、事前に銀行振込、クレジットカード決済、またはコンビニ決済のいずれかで参加料金をお支払いいただくことができます。

※すでに「manaable(マナブル)」の当日申込をされている方でも、お支払いが完了されていない方には、お手数ですが当日会場での現金支払いをお願いしております。

※前もってお手続きし、参加費のお支払いを済ませていただくと、スムーズに入場していただけます。

※会場で現金でのお支払いを希望される方には、お釣りの過不足が発生しないよう、ご準備くださいますようお願いいたします。

※領収証は「manaable(マナブル)」より発行をお願いします。発行は一度きりのみとなります。再発行ができませんのでダウンロード(PDF)の際は十分ご注意ください。

  

 

「manaable(マナブル)」登録

●登録や利用の方法は、下記のマニュアルをご参照ください。

 ▶「manaable(マナブル)」利用者マニュアル

 

●「manaable(マナブル)」ページへは下記のバナーからお進みください。

【学術集会】と検索してください。

jpna.jp_manaable

 

 

~昼食弁当・宿泊~

●申込受付期間: 2023年9月1日(水)~10月23日(月)

・東武トップツアーズに直接メールでお申込ください

・申込方法や申込内容は下記をご確認ください

 ▶昼食弁当・宿泊のご案内(PDF)

 ▶昼食弁当・宿泊の申込書(Excel)

・昼食弁当・宿泊の申込書は下記メールアドレスへお送りください

 第30回日本精神科看護専門学術集会【昼食弁当・宿泊】申込専用メールアドレス

 30senmon-saitama@tobutoptours.co.jp

学術講演・パネルディスカッション

学術講演

 

●テーマ

虐待行為に相当する現場での行為とは?

―患者さんが安心して医療を受けられる場を創るために―

●講師

畠山卓也(学校法人駒澤学園駒沢女子大学 准教授)

●発言趣旨

今日もどこかで、患者さんは納得のできない一日を過ごしているかもしれません。こうした心配をしなければならないくらい、精神科看護の現場は混沌としています。虐待は他人事ではありません。この度の法改正は、私たち精神科医療従事者に対して、「私には関係ないと目を背けてはならない」という強いメッセージが込められているのではないでしょうか。

精神科看護のこれまでを振り返りながら、現在(いま)私たちにできることを共に考えたいと思います。

  

パネルディスカッション

 

●テーマ

精神科で虐待に向かい合う

●コーディネーター

眞鍋信一(社会医療法人北斗会さわ病院 看護部長)

●パネリスト

谷本寛治氏(早稲田大学商学学術院商学部教授)

吉浜文洋氏(元佛教大学保健医療技術学部教授)

斎藤雄一氏(公益財団法人浅香山病院副看護部長)

●企画趣旨

今回、「無自覚性」と「身近にある危うさ」を主テーマで取り扱います。

多くの善良で倫理的な市民であるはずの私たち看護職の中から様々な虐待行為を繰り返す人たちが出てくるのはなぜでしょうか?

背景には、様々な問題が複雑に絡んでおり、環境因のみでこの問題を説明できるとは思えません。一人一人の看護職の中に、意図もなく認識もない中に虐待の芽があるのではないでしょうか?この問いに答えるべく「看護師個々にある危うさ(虐待の芽)」について考える機会にしたいと思っています。

特別企画

第30回 日本精神科看護専門学術集会 特別企画の演者を募集しています!

コロナ禍の3年間、厳しい感染管理下で示された行動規範に従い、自粛モードの中で働いてきました。

そのような中で、例えば、各病棟のスタッフたちによる“ようこそわが病棟へ”の思いを込めたスライドを作成した、スタッフが互いを喜ばせるために褒め合う仕組みを作った、これから縮こまった手足を伸ばしてユーモアのある活動をやろうと思っている!といった「笑顔を取り戻せるような楽しい活動」を紹介してください!それらを皆で共有し、明日からのモチベーションを高める企画にしたいと考えています。「みんなで前を向いて笑いあえる組織づくり」について、皆様のご応募をお待ちしております!

  

【テーマ】「みんなが笑い合える組織づくり」

【方法】シンポジウム形式を予定

応募ありがとうございました。応募期間は終了いたしました。

【応募期間】2023年6月1日(木)~7月14日(金)

【応募方法】所定のフォーマットをダウンロードし、ご記入の上、senmon-gakkai@jpna.or.jpに添付送信してください。

*ご応募は、日精看会員に限ります。

*採用された場合には、専門学術集会参加費は免除となります(参加申込手続き不要)。 ただし、旅費は自己負担となります。

【フォーマット】特別企画「みんなが笑い合える組織づくり」申込用紙

テーマセッション

テーマセッション(指定演題)演者募集

あらかじめ決められたテーマでのテーマセッションの演者を募集します。

今回のテーマは、「倫理カンファレンスの取り組み」です。

現場では、複雑な背景を持つ方々に、考え方が異なる多職種で関わります。患者・家族・医療者のさまざまな意向がある中で、足並みがそろわずモヤモヤすることはありませんか?そんな時、自分と異なる多くの価値観について、議論を重ねることは、倫理的感受性を醸成する一助となり、とても大切なものです。

皆さんは、現場で倫理にかかわるカンファレンスをしていらっしゃいますか?倫理カンファレンスについて、自己の取り組みや考え等について、ぜひご紹介ください。そして、フロアとのやり取りを通して、皆で倫理カンファレンスを考える場にしていただければと思います。

 

【テーマセッション】60分

【テーマ】倫理カンファレンス

【方法】講演形式、またはシンポジウム形式

応募ありがとうございました。応募期間は終了いたしました。

【応募期間】2023年5月1日(月)~6月30日(金)

【応募方法】申込用紙をダウンロードし、必要事項・企画内容(発言要旨)をご記入のうえ

senmon-gakkai@jpna.or.jp へ添付・送信してください。

 【その他】

①採用となった場合には、申込用紙の企画内容<要旨>をプログラム集へ掲載しますので、300 字~400 字でまとめたものをご記載ください。

②機材は、パソコンとプロジェクターを主催者が準備します。

③学術集会参加費は免除となります(参加申込手続き不要)。 ただし、旅費は自己負担となります。

一般演題A

一般演題A(看護研究報告・実践報告・業務改善報告)

一般演題Aには、

①従来の看護研究である「看護研究報告」

②課題の解決につながったケアのまとめや事例報告などの「実践報告」

③業務の見直しやマニュアル作成などをまとめた「業務改善報告」

の3つがあり、それぞれ個人で応募することができます。

 

これらは、臨床で取り組んだ看護実践や業務改善を自由なスタイルで発表していただき、それを各施設に持ち帰って活用していただくことを目的としています。

 

応募ありがとうございました。応募期間は終了いたしました。

◎演題登録期間

2023年5月1日(月)~6月30日(金)

 

一般演題A 投稿・執筆要領

https://www.seishinkango.co.jp/image/30_S_ippan-endai-A.pdf

 

一般演題A 抄録様式

https://www.seishinkango.co.jp/image/summary-format-ippan-endai-A_S.docx

 

一般演題B

一般演題B(ワークショップ・交流セミナー)

現場の方々の多様なニーズにお応えできるように、学術集会に参加される皆様による自主企画として、一般演題B(ワークショップ・交流セミナー)を実施予定です。

 

一般演題Bの対象となるのは、ともに学びあえる機会や交流の場を提供する企画です。日ごろの精神科看護の取り組みを多くの参加者にアピールして、仲間づくりをしてみませんか。

 

■ワークショップ……従来の企画セミナー

■交流セミナー……例:参加者同士の交流を目的とした企画

  

応募ありがとうございました。応募期間は終了いたしました。

◎演題登録期間

2023年6月2日(金)~6月30日(金)

 

◎演題登録方法

一般演題Bの「ワークショップ」「交流セミナー」は、参加される皆様による自主企画です。

募集要項や応募用紙は下記よりダウンロードいただけます。

一般演題B募集要項

一般演題B応募用紙

 

精神科認定看護師実践報告

2022年よりオンラインでの登録ができるように変更になりました。下記の投稿・執筆要領をお読みいただき、ご応募ください。

 

応募ありがとうございました。応募期間は終了いたしました。

◎演題登録期間

2023年6月2日(金)~6月30日(金)

 

精神科認定看護師実践報告 投稿・執筆要領

https://www.seishinkango.co.jp/image/30_S_cepn.pdf

 

精神科認定看護師実践報告 抄録様式

https://www.seishinkango.co.jp/image/summary-format-cepn.docx

第30回 日本精神科看護専門学術集会 取材要領

第30回 日本精神科看護専門学術集会 取材要領

↑TOPへ