こころの健康を通して、だれもが安心して暮らせる社会をつくります。

精神科看護ブレイクスルー イメージ1

日精看の学術集会がスタートして40年以上が経ちました。いまの時代に精神科看護の新たな突破口を見いだす取り組みとはどのようなものでしょうか。注目の企画をご紹介します。

教育セミナー①

教育セミナー①「東日本大震災から8年目、これからの課題」
大川貴子 福島県立医科大学看護学部 准教授

地震、津波、そして東京電力福島第一原子力発電所事故という複合災害が起こってから 8 年が経った。福島の地でいま起きていることは何か、看護職としてどのようなことに対応していかなければならないのかを、「 NPO 法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会(通称:なごみ)」の理事長の立場からお話ししたい。

教育セミナー②

教育セミナー②「組織として取り組む行動制限最小化」
三宅美智 岩手医科大学看護学部 講師

厚生労働省の調査では、隔離者数と身体拘束者数は増加している。日本精神科看護協会学術集会の研究発表でも隔離・身体拘束に関する取り組みは数多く発表され、臨床では行動制限最小化への努力が見てとれる。それにもかかわらず数は増加している現状をふまえ、今回は特に長期化している場合に、組織として行動制限最小化にどのように取り組むのかについて話したい。

教育セミナー③

教育セミナー③「組織のストレスとコンサルテーション」
武井麻子 Office-Asako コンサルタント
首都大学東京 特任教授/日本赤十字看護大学 名誉教授

看護は特殊な感情労働といわれているが、その職務ゆえの対人ストレスに加えて、組織そのものが心理社会的ストレスを生み出していることは認識されておらず、公式の場で感情の問題が取り扱われることもほとんどない。このセミナーでは、感情労働という視点と組織のダイナミクスについて考えていきたい。

教育セミナー④

教育セミナー④「リフレクティング・プロセスを看護に活かす」
西池絵衣子 兵庫県立大学看護学部 講師

近年、オープンダイアローグが知られることを通してリフレクティング・プロセスという理論と方法が注目されている。看護の基本である一対一を念頭においた患者-看護師関係の限界を考えることにもなるリフレクティング・プロセスを用いたケアの方法を、フィンランドでの実践からも学びながら、みなさんと考える機会としたい。

↑TOPへ