変えられない一日に寄り添い、変わっていく一日に寄り添う365

" width="241">

わたしと学術集会

あと24日 イメージ

社団医療法人新和会
宮古山口病院(岩手県)
小成祐介さん精神科看護歴 31年

Q1
6月18日へ向けての豊富や、学術集会の魅力、
福島のよいところなどを教えてください。

学術集会は、とにかく楽しいです。
地域と時間を超え、目的を同じとする同志は、いつ会っても、あの時のままです。
時間を経て再会しても、あたかも昨日も話したかのように語り合えます。
自分の歩んで来た道を正しいと確信し、理想を語り合いましょう!

Q2
患者が望む生活の実現をめざして、新たにがんばりたいことは?

私の看護観は「とことん、付き合う」
いかなる状況でも、その人が望むことに向かって、「とことん、付き合う」ことをして来たし、これからもして行きたい。
そのためには、病院の中だけでなく、受け入れる地域にも力をつけて貰う必要がある。
力の続く限り、尽力したい。

一覧をみる

↑TOPへ